人気ブログランキング |

greengreenvillage   オーガニック&ハンドメードな生活

ggvillage.exblog.jp

2012「イビサ祭」☆

おいらは「2012門司港笑顔の絆」出店の為に「参加」できませんが、、

a0125419_18451051.jpg


http://ibizablog.exblog.jp/

キタル2012年7月7日(土)福岡、うきは「IBIZA スモークレストラン」にて、

クンビアからレゲエ、ロック、アンビエントソウル全てがごちゃまぜ。行く先は同じ!
愛のある世界です!

出演者
こまっちゃクレズマ(東京)
ロホレガロ    (大阪)
TUFF SESSION (東京)
Spooky温泉   (京都+福岡)
風太郎      (熊本)
蝉+川下直弘   (福岡)
GOND-TUNE   (糸島)
dj 
龍石
tokijiku
赤道亭クン太郎

ライオンサーカスの部屋(チルスペース、紙芝居)

19:00〜夜明けまで
前売り3500当日4000 限定200名
予約メールibiza@u.email.ne.jp  
会場イビサスモークレストラン TEL0943-77-7828
雨天決行☆

こまっちゃクレズマ
梅津和時が作った日本初のクレズマー楽団、ベツニ・ナン モ・クレズマーがその前身。こまっちゃクレズマは、旅まわり仕様の楽隊として、 1996年から活動開始、現在に至る。
地味だが強力な個性の集まりである。
楽器の音色やアンサンブルを豊かに聴かせるアコースティックなバンド編成で、オリジナル楽曲や歌ものなど、ユニークで個性的な音楽を繰り広げる。何が起こるか分かりません!

ロホレガロ
愛する中南米音楽を日本人のアイディンティティ―と融合させ そこにこのバンドの生き様の原動力となる真の愛の力と反社会的メッセージをのせた 「大阪南米フューチャーミクスチャーダンスアンドレベルミュージック」を完成させる アフロキューバン、クンビア、レゲエ、ヒップホップ、パンク、J-POP、まさに未来系の 混血音楽ロホレガロ。踊れ!


タフセッション
人生へのメッセージを、ありふれた日常の中に誰もが持つ感情として、心で音楽を聴かせてくれるレゲエ・バンド。真っ直ぐな日本語の詩を素直に歌い、心に響く歌。生きる情景を、感情のままに美しく写し、力強くあるタフ・セッションのサウンドは、とにかく熱い!


Spooky温泉
イビサ祭の一夜だけの夢の共演!ダブダブ温泉やBasedonkyotoのギターマロンちゃんにspookyのドラムみずマン、ボンゴTadaさんが合体!あの世に連れて行ってもらいましょう!

風太郎
ご存知九州のさすらいのシンガー、今年風太郎節が炸裂です

蝉+川下直弘
リハ、打ち合わせもない即興サイケロック。イビサ祭の最後の砦。新作『3』をディスクユニオン/マイベストレコードより2011年4月20日発売。

GOND-TUNE
ディジュリドゥ奏者DidjemakaとBone-Tatsuyaのシタール。


あの梅津和時(クラリネット、サックス)をリーダーとする、
旅芸人仕様のクレズマー音楽隊。
沖縄のストリートフェスティバル出演をきっかけに96年から始動した。
クラリネット、サックス、ヴァイオリン、テューバ、アコーディオン、
ドラムスから成る純生・アコースティックな編成で
各地のお祭り、ストリート、酒蔵など、どこにでも入り込む身の軽さが身上である。
97年にはモンゴルに遠征、1500人規模の大ホールで、草原で、
お年寄りから子供までの熱い支持を得た。
現在のメンバーは、梅津和時(reeds)、多田葉子(sax)、松井亜由美(vl)、
張 紅陽(acc)、関島岳郎(tuba)の5名にサポートとして新井田耕造(ds)を迎え6名で活動中。
クレズマー的な哀愁を帯びた音楽から、東欧の民謡、映画音楽、
各メンバーのオリジナル曲までレパートリーは多彩、
また自ら唄い踊るなど、雑多にして個性的な音楽集団として成長発展中である。

「要予約」です。

宜しかったら~どうぞ☆
by greengreenvillage | 2012-05-29 18:49 | ライブ情報